【翻訳】「“BTSとアミに感謝”... BIGHIT MUSIC、ユニセフに10億ウォンを寄付」

 

元記事:

“BTS와 아미에 감사”... 빅히트, 유니세프에 10억원 기부

 

【アンダーラインは、元記事にはない主による補足情報です。ソースが必要だと判断したものについては、※の印をつけてブログ下部に参考記事を記載しています。】

 

BIGHIT MUSICが防弾少年団(BTS)メンバー全員※との2度目※の再契約を記念して10億ウォンを寄付した。

 

国際連合児童基金(ユニセフ)韓国委員会(チョン・ガプヨン会長)は2023年9月21日、BIGHIT MUSICが10億ウォン(約1億1,060万円)を寄付したと発表した。


今回の寄付は、防弾少年団とBIGHIT MUSICの長きにわたる同行を記念し、これまで「LOVE MYSELF」キャンペーンを通じてよき影響力をともに実践してきたARMY(防弾少年団のファン)に対する感謝の意味を込めて実現した。


「LOVE MYSELF」キャンペーンは2017年11月、ユニセフ韓国委員会とBIGHIT MUSICによる社会貢献協約締結とともにスタートしたキャンペーンで、他者を愛するためにはまず自分を愛すべきだという意味が込められており、ユニセフを通じて児童・青少年への暴力根絶と被害を受けた児童・青少年の回復を後援してきた。


こうした世界的な影響力により、2021年3月にBIGHIT MUSIC、ユニセフ韓国委員会、ユニセフ本部がともに手掛けるグローバル3者協約の規模に拡大された。


BIGHIT MUSICと防弾少年団は2017年から「LOVE MYSELF」グッズおよびアルバムの収益金など、「LOVE MYSELF」キャンペーンを通じて、ユニセフ韓国委員会に総額75億5,000万ウォン(約8億3,500万円、2023年9月基準)を寄付した。


ユニセフ韓国委員会のパク・ヒョンジ事務総長代行は、「BIGHIT MUSICと防弾少年団、そしてARMYの皆さんの温かいご支援により、ユニセフの児童・青少年暴力根絶「エンド・バイオレンス(#ENDviolence)」キャンペーンが大きな力を得ることができました。今後も変わらぬ愛とご支援をお願いし、ユニセフにご協力いただき、深く感謝いたします。」と挨拶を述べた。

 

なお、BIGHIT MUSICは今後も防弾少年団と「LOVE MYSELF」キャンペーンを積極的にサポートし、ユニセフ韓国委員会とともに世界中の子どもたちのための活動を続けていく意向を示した。

 

参考記事:

BTS、全員がBIGHITと再契約…「2025年には完全体で活動」-Chosun Online 朝鮮日報